FC2ブログ
①

法長(のりなが)で1.8mづつ型枠を組み立てていきます。

②

型枠完了後ポンプ車でコンクリートを流し込んでいきます。

③

海尻洞門内もなんとかポンプ車のブームが入りました。

④

擁壁に傾斜がついているのでコンクリートの中に空気が入り込み、型枠伝いに残ってしまうのでピカコンという製品を使って空気を抜きながら打設していきます。


Secret

TrackBackURL
→http://doboku4736.blog135.fc2.com/tb.php/48-88dde087